エイジングケアに役立つ成分EGFの特徴

EGFはエイジングケアに良い成分であるということはわかっているけれど、実際にその働きにはどのようなものがあるのかはあまり知られていません。どのような特徴があるのかを解説します。
EGFは「上皮細胞増殖因子」のことで、たんぱく質です。その名前の通り、人の肌の細胞を増殖させる効果があります。簡単に言えば、肌の新陳代謝であるターンオーバーを促進させる効果があるのです。

アメリカでの実験では、60日間0.00001%の濃度のローションを使ったところ、平均で平均284%、最高で835%も成長が促進されたというデータがあります。50代を超えた人にも促進が見られたと言われています。その特徴から、やけどの治療などの皮膚再生を行う医療分野で主に使用されてきました。また、保湿効果やダメージを受けた肌細胞を修復する効果、シミやシワなどの老化を防ぐ効果や、肌に重要な成分であるコラーゲンの蓄積効果があることから、エイジングケアに役立つ成分なのです。

EGF配合の化粧品を購入する際には、配合されている濃度とともに、超微粒子であるナノ細胞化されているということが重要になります。いくら高濃度でも、ナノ細胞化されていなければ肌に浸透されないと言われています。

人気美顔器ランキング