顔にきびの原因とケア方法

顔ににきびが出来る原因は皮脂の分泌が多くて毛穴が詰まってしまい、そこにアクネ菌が繁殖するからです。アクネ菌は古い皮脂をエサにして増えていきますが、その時に脂肪酸やポルフィリンという物質を作り出します。ポルフィリンは紫外線に当たると活性酸素を発生させ炎症を起こしたり皮膚の細胞を破壊したりします。その為皮脂の分泌が多いとにきびが出来てくるのです。
防ぐためには皮脂を洗い流して皮膚を清潔に保つことや、皮脂の分泌を抑えることが大切です。
最も大切なのが洗顔です。皮脂を洗い流すために強い洗浄力をもった洗顔料を選びがちですが、皮脂は皮膚を守る働きを持っているため落としすぎると返って皮脂分泌が増えてしまいます。刺激の少ないもので朝夕丁寧に洗ったほうが効果的です。アクネ菌を減らしてくれる殺菌力のある石鹸などを選ぶのも良い方法です。
また洗ったあとはたっぷりの化粧水でケアしてあげることも大切です。皮膚を守るのは皮脂のほかに水分です。水分が足りていると皮脂分泌を抑えることができるので、にきびの出来にくい健康な肌を保てます。
皮膚のターンオーバーが乱れて角質が固くなっている場合には、新陳代謝を促すためピーリングをするのも効果があります。

化粧水口コミ年代別人気ランキング