ファンデーションも世代別に相性あり

30代にもなるとお肌には様々なトラブルが起こるようになるのです。特に肌のコラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドの減少は目覚しく、極度の乾燥肌に陥る人も多いのです。そのため若い10代や20代と同じようなファンデーションを使っていてはダメなのです。30代の肌にこうした若いときのファンデーションは相性が悪く、全く肌の欠点をカバーすることにならないのです。法令線が目立ったり、しわや肌の凸凹がかえって目立ち、老けてみえるなど問題点が多くなってくるのです。また脂浮きなども目立つようになり、化粧崩れが激しくテカリも目立つようになるのです。30代はより肌の状態、コンディションにあったファンデーション選びをしなければいけません。

30代におすすめのファンデーションは、ずばり保湿効果に優れている製品を選ぶことです。

カバー力よりもどれだけ肌に潤いを与える成分が含まれているかをよく見極め購入することが大事です。特にヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタ、セラミドなどが含まれていると肌の保湿効果を高め、化粧しながら美容効果を高めることができるのです。こうした保湿成分が沢山含まれているファンデーションを使うと、過剰な皮脂分泌も抑えられ、テカらず、しわやたるみの目立たない肌になるのです。